カキツバタの蕾

今年一番目のカキツバタのつぼみです。

昨日顔を出しました。

去年より一月ほど早く、暖かいんだなぁと思います。

ところで、カキツバタは謡曲の演目にもなっており(『杜若』)、古くから愛されてきた花だとわかります。

謡曲杜若では、旅の僧侶がカキツバタを眺めていると、花の精霊が出てきて舞いをするという美しい物語です。

その中で印象的なのはカキツバタの別名。

「顔佳花」かおよばな

というそうです。

読んで字の如く、顔の良い花。

美しい花が咲くのが楽しみです。

その分、たくさん咲いてもらうように鬼のような草抜き。。。

花のために頑張ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。